コラム | インカム・無線機・トランシーバーレンタルのインカム.com(インカムドットコム)

  • about

  • begginer

  • experienced

  • transceiver

  • price

  • cases

  • faq

menumenu

  • about
  • begginer
  • experienced
  • transceiver
  • price
  • cases
  • faq
begginer

コラム

インカム無線機とは、同じ建物内や敷地内で使用できる通話システムです。
飲食店ではオーダーの確認やフロアと厨房との間で注文の確認などがスムーズにできます。
大きなイベント時には、スタッフ間で連絡を取り合いスムーズな進行の為に、インカム無線機は欠かせません。
このように様々な職種や場所、シチュエーションでインカム無線機は利用されています。
インカム無線機には多くの種類があり、利用する環境ごとにふさわしい製品が必要になります。
インカム無線機について知っておきましょう。
選ぶ基準は利用環境の通信距離で判断し、近距離タイプ、中距離タイプ、遠距離タイプなど様々な種類のものがあります。
製品知識が豊富なスタッフがいる業者を選ぶことも大切です。

結婚式を成功させるためには、決められた時間の中で、スムーズな進行が行われるかが重要です。そんなときに活用できるのが、インカムです。インカムを使うメリットを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

フロアの広い居酒屋はスタッフ同士の業務連絡が取りやすくするためにインカムの導入をオススメします。お客様の接客をしながら、業務連絡を聞くことができ仕事の効率が向上します。

・・・つづきはこちら

展示会の運営をスムーズに行うためにインカムが使われていることが多いです。出展社同士の商談や運営のサポート、展示会を管理する運営者同士の連絡手段として活躍するでしょう。

・・・つづきはこちら

ホテルはお客様に高品質のサービスを提供することが大切です。高品質のサービスを提供するために、インカムを使用してみてはいかがでしょうか。インカムを使用するメリットがあります。

・・・つづきはこちら

インカムは病院でも導入するメリットがあります。情報伝達が病院内でスムーズに行うことができるようになり、スタッフを探さなくてもインカムを使って的確に指示ができます。

・・・つづきはこちら

工場でもインカムを活用するシーンがあります。作業員の業務連携もスムーズに行うことができるようになり、作業効率がアップするでしょう。おすすめのインカムは特定小電力です。

・・・つづきはこちら

人数が多かったり規模が大きいイベントは総括を開催するにあたって、各部門と連携を取らなければなりません。スムーズに連携を取るために、インカムをレンタルしてみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

イベントの受付は、混雑を緩和させたりお客様をスムーズに誘導させる仕事です。トラブルが発生した時も、しっかりと対応ができるようにインカムを使用してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

イベントを成功させるためには、誘導スタッフの役割が重要です。誘導スタッフ同士がスムーズにコミュニケーションが取れるようにインカムを活用してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

イベントを開催する上で、技術スタッフは欠かせない存在です。技術スタッフはそれぞれのポジションに配置をしているため円滑に情報共有ができるようにインカムを活用すると便利です。

・・・つづきはこちら

インカムは大規模なイベントに欠かせないアイテムですが、街頭イベントにもインカムがあると便利です。インカムを利用するメリットがあります。上手に活用して街頭イベントを成功させましょう。

・・・つづきはこちら

イベント会場では来場者の案内や誘導にインカムが役立ちます。通路の渋滞、客席に問題はないかなど、スタッフ同士ですぐに連携を取ることができるため、来場者の負担を軽減することが可能です。

・・・つづきはこちら

各種スポーツに関する施設でもインカムが活用されることは多いです。野球やサッカーなど、人気のスポーツで利用されるスタジアムでは、運営しているスタッフの連絡をスムーズにしています。

・・・つづきはこちら

今からイベントなどを企画しようとしている方が居ましたらインカムを活用することがオススメです。イベントの規模によって最適なインカムも変わるので、機能、選び方を知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

もし野外イベントを企画されていてインカムを導入予定の方が居るようでしたらまずは最低限起こりうる弊害とそれに対するインカムの機能を覚えましょう。イベントの采井を円滑にするためにも欠かせない情報となるでしょう。

・・・つづきはこちら

footerImg